自分らしく元気でいたいから、博多の歯医者さんが勧めるインプラント。

博多の歯医者でも、いま盛んに行われるようになっているのがインプラントという治療・外科的な手術です。

インプラントにはメリットやデメリットがさまざまに取り沙汰されていますが、その実はいったいどのようなもので、どんな人に適した手術なのでしょうか。

インプラントは多くの患者の要望に応えることができるとされていますが、とくに「入れ歯にはしたくない」という人や、「もっと自分らしく自然体で健康でいたい」、「入れ歯にした経験はあるけれど、異物感があって嫌だ」といったような人には好適だといいます。

なんでもかんでも「高齢者」というくくりで話してしまうのには抵抗がありますが、福岡県民も、健康長寿の人の比率がここ3年の間で飛躍的に伸び、歯医者に訪れてインプラントの手術を希望する患者が増加しているといいます。

健康でいることは、とてもいいことであり、人間の基本に他なりません。

入れ歯は自分のものであって自分の歯ではなく、たしかに異物感を我慢するような日常を余儀なくされてしまいます。

それどころか、食べ物の味が変わってしまうという不満をよく耳にすることがあります。

福岡県民の高齢化人口は他県と同様に高い比率ではありますが、元気な人が増えたおかげで、歯医者のポジショニングにも変化が起きています。

健康でいるための口腔衛生や歯磨き習慣について、熱心に質問したり、そのような歯医者のイベントに通ってくる人が増えたと言います。

インプラントは外科的な手術ではありますが、博多の歯医者さんによると、健康を手に入れたいという願望からのニーズであって、治療とか手術といった暗いマイナスなイメージを患者さんはもっていないといいます。

福岡、あっぱれな心意気です。

★Check!>>博多の歯医者 | 福岡デンタルネット